FASSW
一般社団法人 福岡県スクールソーシャルワーカー協会

一般社会法人福岡県スクールソーシャルワーカー協会について

会長挨拶

2008 年度の文部科学省によるスクールソーシャルワーカー(以下、SSW)活用事業の開始とともに、「福岡県スクールソーシャルワーカー連絡会」を発足し、研修や実践報告を行っていきました。2010年度には「福岡県・学校ソーシャルワーク研究会」に名称変更をし、そして2012年度には「福岡県スクールソーシャルワーカー協会」を設立したのです。その間、SSWを配置する福岡県内の市町村も90%以上となり、県立高校へのSSW配置や特別支援学校からのSSWへの支援依頼も受けるようになりました。このような実状より、本協会も社会的信用性の高い一般社団法人として新たにスタートしていくことを決断しました。SSWたちによるフロンティア・スピリットに基づき、子どもたちのアドボカシー支援や地域での居場所づくりといった社会資源の開発にもこれからは取り組んでいく意向です。ぜひ皆様方のご支援をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

福岡県スクールソーシャルワーカー協会
会長 門田 光司

各事業説明

○研修事業
スクールソーシャルワーカーの専門性の向上と人材育成に関する研修等を行います。
○広報啓発事業
スクールソーシャルワーカー及び学校ソーシャルワーク実践に関する広報啓発等を行います。
○研究事業
スクールソーシャルワーカー及び学校ソーシャルワーク実践に関する研究を行います。
○国際交流事業
海外のスクールソーシャルワーカーとの交流を行います。
○相談援助事業
子どもの人権と教育及び発達の保障に寄与するための相談援助活動を行います。
○その他
協会の目的を達成するために必要な取り組みを行います。


福岡県内スクールソーシャルワーカー配置状況

○ダウンロード
福岡SSW配置状況(令和3年度)(PDF:301KB)

ページトップへ


FASSW会員ログイン
http://www.jssssw.jp